品種名 ギスレーヌドゥフェリゴンド 【Ghislaine de Feligonde】
系統 ランブラー(ハイブリッドムルティフローラ) 育てやすさ 育てやすい
花色 アプリコット~白
花性 一季咲き 花形 5cm 半八重ト咲き
香り 微香
大きさ/樹形 伸長約3.5m トゲの少ないしなやかな枝が大きく伸びる
開花時期 普通 5月中旬頃より

品種の解説

花径は5cm程と小ぶりですが、枝先にたくさんの花を付けます。それも、大きな房になって!
花形は柔らかな印象の半八重咲き。
そして、何より美しいのは、花色!黄色の蕾が開くと、透明感のあるクリームイエロで咲きます。花色の変化が早く、クリーム、そして白へと花色をうつろわせていきます。花つきがとってもよいので、一株のなかで、黄色~白へのグラデーションを楽しむことができます!圧巻の景色ですよ。
秋には黄色く紅葉する葉に注目ですよ! 香りは軽めのフルーツ香です♪
細いしなやかな枝を人の背丈の倍以上に伸ばしていきます。 節間が長いので、浅緑色の葉は込み合うことがありません。大きな房になって咲くので、その花の重みで、枝先が下垂します。この特性をしっかり利用しちゃいましょう♪花を見上げられるようなアーチ、フェンス、壁面に這わせてみてくださいねっ!
耐病性が抜群で、薬剤散布はほとんど必要ないくらいの強健品種ですよ♪
日照不足や半日陰でも生育が良いんです。この花の魅力は花色の移ろう姿ですが、直射日光の下で育てると、その変化が早くなりますが、半日陰や明るい北側ですと、そんな花色の変化をゆっくり味わうことができますよ。