品種名 バロンジロードゥラン 【Baron Girod de l’Ain】
系統 ハイブリッドパーペチュアル 育てやすさ 普通
花色 赤紫に細く白い糸覆輪
花性 返り咲き 花形 8cm 波状弁カップ咲き
香り 中香
大きさ/樹形 伸長約2m 直立性で太く剛直な枝を人の背丈以上に伸ばす
開花時期 普通 5月中旬頃より

品種の解説

フリル状の花弁に白く細い覆輪が入る独特の花。濃赤紫の花弁は咲き進むと紫になり、魅力が増していきます♪
丈夫で育てやすく、花付きも良く、香りも良い!と三拍子そろったバラです!
ただ、うどん粉病の出やすい環境では少し注意が必要です。
独特の花容で香りも良いことから人気ある品種です!
花は、枝に近く咲くので、フェンスやオベリスクに仕立てても見栄え良く仕上げることが出来ますよ!
名は、フランス7月王政下で閣僚として活躍した、スイスとの国境に近いフランスのアン地方のジロー男爵に由来しています。