こちらでは、ピーキャット農場での取り組みや考え方を皆さんにご紹介させていただきます。

うりゃ

けっこう、こだわっています!
無農薬栽培、有機栽培でバラ苗生産をおこなっています

皆さんに提供すべき苗とは?

「苗」にとって一番大事なことは何でしょうか?
これは生産者、店によって考え方は違ってくると思います。

・思わず手に取りたくなる見栄えの良い苗(売れる苗)
・生産コストを下げることで利益幅を大きくした苗(儲かる苗)
・生産コストを下げることで販売価格を下げた苗(安い苗)
・お客さんが育てたときによく育つ苗(育つ苗)

ピーキャット農場は、「育つ苗」を生産するための農場です。
窒素を効かせて大きさ自慢や見栄え自慢をするような苗は作りません。
生産コストを下げてお得感を出すことも、利益を出すために生産コストを下げることもしません。

「良い苗」とは「良く育つ苗」
ここを徹底して苗生産に励んでいます!

有機栽培、無農薬栽培を目指す方に最適の苗をご提供します!

・農薬使用によるバラ苗の病害虫抵抗力の低下
・肥料過多によるバラ苗の軟弱化

こういう苗を皆さんが入手すれば、皆さんが困ります。
ですから、ピーキャットでは無農薬&最小施肥でバラ苗生産しています。

癌腫病の徹底排除!

根頭癌腫病を引き起こすアグロバクテリュームは土壌の常在菌ではありません。
よって、バラ苗生産者が少し勉強すれば感染苗を出すことはありません。
癌腫病の発生要因は、台木の残留根と親木管理にあります。
この管理を徹底すれば発生要因は消滅しますが、放置すれば蔓延要因となります。

ピーキャット農場では、2009年度より癌腫苗を出していません。

ただし、仕入れ苗の場合は仕入れた時点ですでに感染していることが多くあります。
ピーキャットでは、この仕入れ苗に対して「体内除菌」という技術を駆使しています。
感染細胞は取り除けないので瘤の発症はありますが、体内除菌によりバラ体内には癌腫菌が存在していませんので、他のバラに感染することはありません。

ピーキャットは万一の感染も避けるため、バラ苗の癌腫病感染を徹底排除しています。