7月8月のバラの楽しみ方

7月8月のバラを楽しむ
暑さ本番の7月、8月!
厳しい暑さをどう乗り切るかで、秋以降のバラの楽しみ方も変わっていきます。
熱中症には十分お気をつけて、バラと一緒に上手に夏越ししていきましょう!

7月、8月頃のバラって?

バラの生育ステージ

てんちょー
こんにちは!

この季節は開花期が終わり生育期に入って、株元からシュートが伸びたりと、株の成長が著しい時期です。

ただ、梅雨時期の長雨で病気が出て葉を落としたり、梅雨明け後の暑さで、動きが止まってしまうバラも出てきます。
こういったバラは休息期として、とにかく暑さが厳しいこの時期は、なるべく花はお休みさせて株のケアを中心にお世話していきましょう!

夏の暑い時期は虫の動きも活発で、害虫に悩まされる時期でもあります。
ハバチ類、ホソオビアシブトクチバ、ヨトウムシ、オオタバコガなど、バラを食害する虫が増えてきます。
ピキャッシュの定期的な散布も大事ですが、バラをしっかりと観察して早めに対応して、虫からバラを守ってあげてください。

梅雨時期から出始めるのが黒星病です。
しっかりとマルチングで鉢の土の跳ね返りを防ぐことと、鉢の置き場所にも注意が必要です。
鉢にマルチングをしていても、置き場所が土むき出しの場所では意味がありません。

地植えの場合も、株元をクリプトマルチでマルチングしておくと、雑草防止にもなり、おすすめです。


この時期のお楽しみはこれ!

暑い夏の時期は、軽い休眠モードに入ってしまうものもあり、無理な開花はおすすめできないのですが、そんな暑い時期でも元気に綺麗に咲いてくれるバラたちをご紹介します。
アイスバーグ
アイスバーグシーズンの間、繰り返しよく咲いてくれるバラです。
暖かく日当たりの良いお庭では1月以降も咲くときもあるほど、よく開花します。
春と比べると少し小ぶりな大きさになってしまいますが、八重咲きの花は夏でも綺麗に咲いてくれますよ。とにかくいつでも、お庭にバラが咲いていて欲しい方にピッタリのバラです。
白の他にも淡いピンクの「ピンクアイスバーグ」ビビットピンクの「ブリリアントピンクアイスバーグ」ワインレッドの「バーガンディアイスバーグ」など、色違い品種があります。
ブラッシュノアゼット
ブラッシュノアゼットこちらも繰り返し咲性の良い品種で、夏でも樹勢が落ちることなく花を咲かせてくれます。
淡いピンクの小輪の花を房で咲かせます。つる性ですが、よく花を咲かせるので、あまり枝は伸びず、2mほどの株となります。
強剪定して、ブッシュ状に育てることもできますし、日陰や西日にも強い品種です。
オールドブラッシュ
オールドブラッシュ早咲きで、シーズンの初めから終わりまで、ほぼ休むことなく花を咲かせます。
地植えで育てると、さらに返り咲き性がよくなり、大きめの株に育ちます。
丈夫でトゲも少なめで扱いやすい品種です。


他にもノアゼット系、チャイナ系は暑さに強く、返り咲き性のよい品種が多いので、1つお庭にあると、夏でもバラを楽しめると思いますよ♪

この時期のバラ作業あれこれ

バラの状態に合わせてケアしよう!

梅雨が明け、一気に気温が上がり始める時期です。
長雨で病気が出ている状態で、さらに気温が高くなり、一気に活性が落ちてしまうバラも出てきます。

弱っているバラ、休息期にしているバラ
弱っているバラ活性が落ちてしまったバラは、なるべく蕾を取るようにして、樹勢の回復を優先させましょう。

固形肥料はしばらくお休みして、リバイバルや薄めのアミノでケアしていきます。

鉢の乾きが遅くても、新鮮な酸素を送るためにも、水やりはしっかり行います。

元気なバラ
元気なバラ夏でも生育旺盛な株は、引き続きぼかし肥料を与えて大丈夫です。
枝数を増やしたい株は活性有機を、枝を長く伸ばしたいつるバラなどは、PSPぼかしがおすすめです。

しかし元気だからといって、花を咲かせっぱなしにしていると、コガネムシにたかられたり、スリップスを増やしたりする元になります。
これはというもの以外はあまり咲かせない方がオススメです。

薬害に注意!

薬害の葉もともと薬害が出やすい品種に加えて、暑さで活性が落ちてしまっている株は、水の吸い上げも悪くなり、循環が悪いため葉に薬害などが出やすくなります。
ピキャットクリアはなるべく気温が低く、日差しの弱い時間帯に散布するようにしてください。
散布後、葉に水たまりが出来てしまっている場合は、弾いて落としてあげると、その部分が焼けて変色してしまうことを防げます。
また、春先から、薬害に強い株へ育てていくことも大切です。
薬害が出やすいなぁという株は、また来年頑張ってみてください。

とにもかくにも水やり!

水枯れの葉夏の強い日差しの下では、一回の水枯れでもかなりのダメージが出てしまいます。
曇りの日でも、風がある場合は、思っているより鉢は乾きますので、忘れずに水やりをしてください。
雨が降った日でも、葉が茂っている株は、鉢に水が届いていないことがあります。
夕立や小雨程度の場合は、水が足りているかきちんと確認するようにしてください。

水枯れすると写真のように、葉が茶色くなってしまったりしますが、これは水枯れを起こしてすぐに変色しない時もあるので、病気と間違えることもあるようです。
写真のような葉は、水枯れが原因です。

イングリッシュローズ、ガリカローズ、ヨーロッパ原産のバラなどは暑さや高温多湿に弱いものが多く、この時期に葉を落として弱ってしまったり、枯れてしまうバラもあります。
こういうバラには、水抜けの良い鉢を使い、水はけの良い土に植えて、古い水が貯まらないようにしてあげてください。
水はけが良い環境をしっかり作っておいて、常にしっかり水やりをできるようにしておくことが大切です。

乾かないから。
今は暑い時間だから。
で水やりをやらないのは、さらにバラを追い詰めることになります。

暑さ対策!

太陽からの日差しだけでなく、アスファルトやコンクリートによる輻射熱の影響が強い場所で育てている場合は、とにかくその熱を和らげる環境づくりもポイントです。

暑さ対策の鉢バラ・マルチングは必須です!

・鉢は、二重鉢にするなど、鉢(側面)に直接日差しが当たらないようにすると、だいぶ違います。

・混み合っている枝は剪定して、風通しをよくしてあげることも大事です。

・壁のすぐ横などは輻射熱で思っている以上に暑い場所になっていることがあります。
 隙間を空ける、反射を抑える素材で遮ってみるなどの対策が効果的です。

・エアコンの室外機の風が当たる場所は要注意!
 カラカラになるだけでなく、ハダニも発生しやすくなります。

・鉢を直置きしている場合は、スタンドやすのこ、棚などに上げるなどの対策が効果的です。

・夏の西日は強烈です。
 西日が当たる場所で、夕方に土がカラカラになっている時は、しっかり水を与えましょう。


てんちょー
暑さ対策で、風通しをよくするなどした場合、同時に鉢も乾きやすくなる場合があります。
環境を変えた場合は、バラの変化にも注意を払ってあげてください。


虫チェック

チュウレンジハバチ伸びた新芽や新梢に、芋虫がやってくる季節でもあります。
チュウレンジハバチ、ホソオビアシブトクチバ、尺取り、ヨトウムシ、ハスモンヨトウガ、オオタバコガ、その他ハバチの幼虫などなど…
また、乾燥しているところではハダニもつきやすくなります。
水やりの時に、喰われている葉や枝がないか、掠れている葉はないかしっかり観察しましょう。
芋虫が見つからない場合、暑い時は、だいたい葉裏や、大きいものは根元や鉢の縁裏などの日陰で休んでいることが多くなります。
見つけて捕殺が一番手っ取り早いです。

また、虫の量があまりに多い場合は、肥料の臭いで寄せてしまっていることも考えられます。
この機会に施肥方法を少し考えてみるのもおすすめです。



ピーキャットのオススメ資材ランキング!

この時期に上手に使いたい資材ランキングです!
  1. ピキャット・リバイバル

    梅雨の長雨、夏の暑さで弱ってしまったバラのケアにはリバイバルがおすすめです。
    かなり弱ってしまっている場合は、500倍で。通常のお世話でしたら、1000倍で灌水します。

    ピキャットリバイバル

  2. ピキャット・アミノ

    活性が落ちてしまったバラには、固形のぼかし肥料よりも、吸収しやすいアミノがおすすめです。
    1000倍~2000倍ぐらいで、週に1度、与えてください。
    濃い濃度ではバラの負担になってしまいますので、薄めが基本です。

    ピキャットアミノ

  3. クリプトマルチ

    杉の皮からできた天然素材です。マルチングや、鉢の土止めに使用できます。
    乾燥対策、強い日差しから土の中の微生物を守るためにも、マルチング材をしっかりと敷いてください。

    クリプトマルチクリプトマルチ


  4. ピキャット・クリア

    ピキャットクリアによるしっかり洗浄で、栽培環境も清潔に!
    豊富なサイズ展開でご自分のスタイルにあった量をお買い求めになれます。


  5. ピキャット・Ca

    葉面散布で、吸収効率のとても良いカルシウム剤です。
    ピキャットクリアと混ぜて、丈夫な体づくりを目指しましょう!


てんちょー
7月8月の作業まとめいかがだったでしょうか〜

近年は夏の暑さが尋常ではなく、通常の日照でも、バラの循環が間に合わずに葉焼けが起きてしまったりすることがあるようです。

夏場は、とにかく水を切らしてしまわないことが大切です。

人間の熱中症対策と同じですね!

皆さんも作業がしんどい季節だと思いますが、ぜひ涼しい時間帯に水やりだけでも頑張ってくださいね。




サブコンテンツ

このページの先頭へ