9月10月のバラの楽しみ方

9月10月のバラを楽しむ
だんだんと涼しい風が吹き始める9月、10月!
秋の気配を感じながら、秋のお手入れを楽しんじゃって下さい♪

9月、10月頃のバラって?

バラの生育ステージ

てんちょー
こんにちは!

9月・10月は、厳しい夏を無事乗り越えたバラたちが、また少しずつ生長に勢いを増し、四季咲き木立性バラは剪定後、気温の下降と共に新芽を伸ばし蕾をつけ、綺麗なお花を咲かせ始めます。
ただ、近年は10月になっても気温が下がらないことも多く、夏花のような味気ない花を咲かせてしまうこともあり、そう言った場合は、早めに切って、2番花を狙うこともできます。

周りの環境としては、夏の暑さで潜んでいた虫や病原菌の活動もだんだんと多くなり始め、台風なども気を付けなければならない季節です。

ピキャットクリアでの定期的な洗浄、お花を咲かせたいために、新芽や蕾に寄ってくるイモムシ系害虫、バラゾウムシなどのパトロールが欠かせないようになります。

夏越しを上手くできなかったバラには、引き続き休息期としてケアを続け、開花は来春に焦点を置き、今年のウチに調子を取り戻せるようにしましょう。



この時期のお楽しみはこれ!

秋色バラを楽しもう!

四季咲きの木立性バラは、10月中頃より秋バラを楽しめます♪
秋のお花は、小ぶりながらも、形良く、香り良く咲いてくれるのが魅力的です。
また、秋の陽は黄色みが強く、濃紅やオレンジなどの色を特に美しく映えさせます。
秋色の魅力的なバラ達を集めたページがありますので、ぜひご堪能ください♪

秋色を楽しむ

ローズオイル作りなどいかがでしょう?

てんちょー
最近てんちょーがはまっているのが、ローズオイル作り。
といっても、バラの花弁からオイルを抽出するような難しいものではなく、ホホバオイルにバラの香り付けをおこなうものです。
秋のお花に限った楽しみではなく、春のお花でももちろん作れます♪
お花も4個くらいあれば200mlくらいのオイルには十分ですので、香り高いお花が咲いたら、作ってみてはいかがでしょうか?


材料(200ml分)
・精製ホホバオイル 200ml
・消毒し、乾燥させた密閉瓶(オイル用の瓶など)
・無農薬で育った香りの良いバラの花4個程度(花弁の多い7cm径程度のもので)
・清潔な割り箸やピンセットなど
・消毒し、乾燥させた保存瓶(できあがり時)

作り方
1.花を花びらだけにし、水洗いしてごみを除き、ピキャットクリア(50ppm程度)で洗浄する。


2.花びらの水気をキッチンペーパーなどでよく拭き取り、瓶に箸などで花びらを詰めていく。
(あまり詰めすぎると、オイルが行き渡りにくくなるので、少し隙間があるくらいにする)


3.上まで詰めたら、ホホバオイルを入れて、蓋をする。
花びらが上までしっかり浸かるようオイルを入れる。



4.陽のあたらない所で管理する。
オイルから花弁が出ていると、カビが発生するので、毎日1度は必ず、瓶を横にしたりしてオイルと花弁を混ぜるようにする。

5.2週間程度経ったら、できあがり。
オイルを少しだけ取ってみて、香りがついていれば成功です。
清潔なカップにオイルを取り出し、遮光の保存瓶などに移しておきます。

常温で保存し、1年くらいは使えると思いますが、混ぜものをしているので香りなどおかしいなと思ったら使用を止めて下さい。


使い方
基本的に、普通のホホバオイルの使い方と同じです。
バラの自然な香りがほんのりとして、気分もリラックスできます。
栄養的には未精製のホホバオイルの方が優れているようですが、精製ホホバオイルの方がお安く、また肌にも優しいです。

私の気に入っている使い方は、タオルドライ後の濡れている髪にうすくなじませる使い方です。
2~3滴で十分です。
髪が乾いた後も、パサつかずしっとりとまとまりますよ。

また冬の乾燥する時期に、お風呂上がり後、まだ肌が乾燥していないときに腕や足に塗ります。


写真のものは、ドフトボルケを多く入れたオイルです。
入れる花弁の色によっても、見た目の雰囲気が変わり、作っている過程もきれいで楽しめますよ♪

この時期のバラ作業あれこれ

木立性バラの夏剪定

夏剪定についてはこちらにまとめていますので、ご参照下さい♪
バラの夏剪定解説

基本肥料を与える

活性有機ぼかし夏場は液肥を使用して夏越しした鉢バラは、9月入った頃に基本肥料を与えます。
(基本肥料を併用していて、与えてから1ヶ月も経っていないのに、必ず9月始めに与えましょうということではありません)

9月に入っても猛暑日が続くような、夏と環境が変わらないような場合は、引き続き夏と変わらないお世話を続けて下さい。

地植えの場合は、冬にメンテナンスをして、春の花の後に肥料を与えていれば特に必要ありません。
夏の間に土のバランスを崩していることが懸念されるのであれば、リバイバルを使用して下さい。(すでに常用している場合はそのまま常用する)

蕾が見えたらありんを!

バラの蕾基本肥料に活性有機ぼかしを使っている方は、小さく蕾が見え始めたら、週1回のピキャットありんの散布をしましょう。

PSPぼかしを使用している場合は、りん酸はしっかり強化されているので、特に散布の必要はありません。

つるバラの枝をまとめる

つるバラは、夏の剪定は必要ありませんが、長く伸びている枝がたくさんあると思います。

今年伸びた枝は、来春に花を咲かせる大切な枝ですので、折れたりしないよう、上に伸ばしたまままとめて支柱や誘引先にくくっておきます。

横に倒してしまうと、折れてしまったり、芽が伸びて中途半端な横枝が伸びてしまうので、休眠期まではできるだけ上に伸ばしたままにします。

まったく届かないような、管理できないほど長く伸びた場合は、放任するか、そこまで長さが必要なければ切ってしまうのも手でしょう。

葉が無い株には…

夏の暑さで弱って葉を落としてしまったバラは、とにかく養生を続けます。
問題が暑さだけであったならば、また元気に葉を出してきます。
葉を出してきたら、肥料を与えます。

マメコガネの食害などで根も少なくなっている場合は、リバイバルで養生し、動きが見えてきたら薄めの液肥から始めます。

台風対策

9月、10月は台風シーズンです。
せっかく伸びてきた葉が傷んでしまうのはとても悲しいですが、とにかくやっておきたいのは枝を根元から折られてしまわないようにすることです。
支柱を立てて結わいたり、ネットで覆うなどの対策をしてください。
特に暴風ネットでの株の保護は、暴風による葉の揺れを抑えてくれるので、傷みも最小限に留められます。
ご自分の対策が終わったら、バラの対策も早めに行ってあげて下さい。

病害虫対策

人間やバラが活動しやすくなると、菌や虫も活動しやすくなります。

夏の暑さで潜んでいた菌もまた活動を始めますので、ピキャットクリア、ピキャッシュでの定期的な洗浄を行って下さい。
カルシウムもぜひ混ぜて下さい。
うどんこ病、黒点病、ベト病に注意が必要です。

虫も、各種イモムシ類、バラゾウムシなどが活動を始めます。
開花時はスリップスも発生します。
落ち葉などはきれいに取り除き、ピキャッシュは葉だけでなく、マルチングの上や鉢周りにもかけていくことで、虫も潜みにくくなります。

ピーキャットのオススメ資材ランキング!

この時期に上手に使いたい資材ランキングです!
  1. ピキャット・クリア

    ピキャットクリアでしっかり洗浄!
    豊富なサイズ展開でご自分のスタイルにあった量をお買い求めになれます。


  2. ピキャット・ありん

    葉面散布で使用する、リン酸液肥です。
    蕾のあるときに常用したいアイテムです。

    ピキャットありん

  3. ぼかし肥料

    鉢栽培では定期的に与える基本肥料です。

    ぼかし肥料

  4. ピキャット・Ca

    葉面散布で、吸収効率のとても良いカルシウム剤です。
    ピキャットクリアと混ぜて、丈夫な体づくりを目指しましょう!


  5. ピキャット・リバイバル

    いついかなる時も頼りになるピキャットリバイバル!
    バラが育つために最適なバランスに近づけてくれます。
    糖分もミネラル分も豊富な活性剤です。

    ピキャットリバイバル

てんちょー
9月10月の作業まとめいかがだったでしょうか〜

秋のお花は、咲かせるのが中々難しいイメージですよね!

気候もバラの状態も毎年違うので、正解が特に得難いのも難しく感じる点の一つかもしれません…

しかし、その分イメージ通り咲いた時の喜びはひとしおです♪

ぜひ、どんどんチャレンジしてみてくださいね!




サブコンテンツ

このページの先頭へ