芽接ぎ作業始まり…掘り出し物コーナー更新終了

まるです。

今日は涼しい一日でした。

ずっと半袖で作業していたうりゃねこさんもさすがに長袖を着る気温…そろそろ、本格的に秋になってくるようですね。

10月に入って、芽接ぎ作業が始まりました。

畑に座り込んで接ぎ木している姿は、知らない人から見たら「何をしてるんだろう?」と思われそうです(^^;)

私は相変わらず、切り接ぎの時と同じで穂木取り係です。

芽接ぎに向く穂木は若すぎても古すぎてもダメなので、なかなか取るタイミングが難しく、本当はたくさんオーダーが入っている品種から接ぎ始めたいのですが、そう言う訳にもいかなかったりします。

毎日ハウスの中をグルグル回って、「これはあともう少し待ってから」「この品種はもう大丈夫かな」と穂木選びをしています。

芽接ぎの穂木は親木として管理しているバラだけでなく、商品として育てている鉢バラからも取ります。

ですので、秋の時点では鉢バラを全部販売してしまう訳にはいかず、数鉢ずつ在庫しておかなければいけません。

木立バラの方はもう、穂木を取るために確保しておかなければいけない鉢数しか残っていないものばかり、つるバラの方は枝が伸びてしまって、箱に入らないものばかりとなってしまいました。

そんなわけで、掘り出し物コーナーの秋販売は今、表示している分で終了となります。

ご愛顧ありがとうございました。

次の販売は枝が固まってつるバラが発送できる、12月後半か年明けぐらいとなります。

今年は在庫が少なくて、お問い合わせ頂いた品種をご用意できないことが多く、申し訳なく思っております。

そうそう、前回のブログで書いたカブトムシの幼虫ですが、お客様が甥っ子くんにと持って帰ってくれました♪

きっと大事に育てて頂けることでしょう(*^_^*)



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ