品種紹介 コンテスドカイラ

うつむく首筋越しに見える女性らしい暖かな花色がステキ!

品種名 コンテス・ド・カイラ 【Comtesse de Cayla】
系統 チャイナ 育てやすさ 普通
花色 オレンジとピンクの混色
花性 四季咲き 花形 5cm 半八重咲き
香り 微香 ティー香
大きさ/樹形 樹高約60cm 高さは出ないが、細枝を横に張る
開花時期 普通 5月中旬頃より


透明感あるオレンジの様なピンクの様な暖かな色味のお花は、ややうつむき加減に咲き、白いうなじを見せてまたそれも愛らしいポイントです。お日様に透ける花弁の美しいこと!
葉も少し頼りなげな細い薄い感じなので、花壇などで草花と混植してもナチュラルな雰囲気を作ってくれます。強くはないけれど、感じよいティー香を纏っています。
チャイナローズと言えば、よくよく繰り返し咲くのが特徴の一つですが、このコンテスドカイラもそれに違わず、春の一斉咲きの後も、株のどこかで次々と花を咲かせてくれているイメージです。

株自体は60cm程とあまり高さは出ませんが、細いけれども張りのある枝を横張りに伸ばすので、わっさりと株を繁らせます。
地植えにしてしまえば、年月を重ねて、花を見上げる高さになるくらいまで大きく育つこともできます。
もちろん鉢植えで、形良くわさわさと葉を茂らせて、咲かせるのも格好良いですよ!

Comtesseは伯爵夫人の意味。
全体的に柔らかく可憐で暖かなイメージだけれど、張りもあり、きっと素敵な女性だったんだろうなと思わせるバラです。

コンテスドカイラの販売ページはコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ