品種紹介 アイオープナー

鮮烈の朱赤はまさに目を見はる鮮やかさ!仕立てにもお洒落♪

品種名 アイオープナー 【Eyeopener】
系統 シュラブ 育てやすさ 普通
花色 朱赤
花性 繰り返し咲き 花形 3cm 一重咲き
香り 微香
大きさ/樹形 伸長約1m 放射状に横広がりに枝を伸ばす
開花時期 普通 5月下旬頃より


鮮やかな朱赤色の小花が、それはそれはかわいらしく株いっぱいに咲き誇ります。
黄色のシベもとても存在感が強く、濃い緑色の小葉と、朱赤のお花で、色鮮やか!元気いっぱいの空間を作ってくれます。
アイオープナーは「目を見張らせるもの」という意味ですから、作出者さんの気持ちが伝わるようですね。

春以降も繰り返し咲いてくれます。
夏の日差しの中咲く姿は、特に夏らしさを演出してくれるように思います(笑)

放射状に1m位の枝を伸ばしていくシュラブローズですので、自然樹形でもこんもりとした株に育ちます。
低めのフェンスへの誘引や、伸びた枝をまとめてリング仕立て、またスタンダードローズにも向いていますよ。

葉が細かく茂るタイプなので、普段から花柄切りと一緒に古枝や細枝を切るなど、風通し良く手を入れてあげるといいでしょう。

アイオープナーの販売ページはコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ