品種名 カレイドスコープ 【Kaleidoscope】
系統 シュラブ 育てやすさ 育てやすい
花色 茶色 開花と共に外弁から徐々に赤紫色を帯びてくる
花性 四季咲き 花形 5~7cm 丸弁平咲き
香り 微香
大きさ/樹形 樹高100cm 横張り性のコンパクトなブッシュ
開花時期 普通 5月中旬頃より

品種の解説

花名は、万華鏡の意味です。 大人になっても、万華鏡の中のくるくる変わる形に、ハッとしたり、 ドキドキしたり、見とれたりしますよね…。 この花も、まさしくその通り!私達をワクワク、ドキドキさせてくれますよ。何がって、花色にです!花色の微妙なニュアンスがとっても素敵!
茶色の丸弁平咲きで、咲き進むにつれて、外弁からすこーしずつ赤紫色を帯びてきます。
特に咲き始めの花色がとってもキレイと定評あるんですよ! この色合い、ちょっと珍しいですよねっ!
個性的だけど、嫌味がない、その花色の魅力に引き込まれてしまう、そんな、美しさです!ミニバラを親に持つので、花径は小さめの5cmほど。
ですが、大き目の房になって開花するので、花の小ささを感じさせませんよ。樹形は横張り性で、樹高は1.0mほど。鉢栽培にも向いています。
分枝の多い枝は、全体に密生して茂ります。シュートは斜め横にシュラブ状に伸びますが、ツルバラとして扱えるほどは伸びないので、冬に切り詰めて木バラとして扱うのが良いですよ。
世界的にも評価が高く、AARS賞を受賞しています!