品種名 ディスタントドラムス 【Distant Drums】
系統 シュラブ 育てやすさ 育てやすい
花色 アプリコットにラベンダーグレイからグレイッシュピンク
花性 四季咲き 花形 8cm 丸弁平咲き
香り 中香
大きさ/樹形 樹高約120cm ほぼ直立性の枝張りで、コンパクトにおさまる
開花時期 普通 5月中旬頃より

品種の解説

珍しい花色!中心部がアプリコットを含んだ茶色系、外側に行くほど、ピンク色を帯びたラベンダー色に。
そうして開花とともに退色していき、最後には淡いグレイッシュピンクになります!!
ほんとに見たこと無い!?花色ですよね。
赤みを含む葉も花色と調和して、美しさを引き立ててくれています!!
花形は丸弁の平咲きで、時々花芯がクオーターロゼット咲きになることもあります。
落ち着いたイメージの花形のせいか、たくさんの花色を持つわりには派手にならずに、クラシカルな雰囲気を漂わせているんです。
1輪、または数輪の房咲きになって、花付も良く、秋遅くまで次々と咲かせてくれます。
作出者の故バックは、耐寒性と耐病性を追及してバラの作出に励んでいたそうです。
このディスタント・ドラムスももちろん、その中の一つ。
花色以外でも、すばらしいバラなのです!!
生育が旺盛なので、夏を過ぎるとシュラブ状になりますが、枝も細いし、株のまとまりも良いので、冬の剪定でHTのような木立性にまとめてみたほうが、扱いやすいかもしれませんね。
百聞は一見にしかず!ぜひ、この珍しい色合い、皆様の目で見てすばらしさを感じていただきたいです!