品種名 マダムアントワーヌマリー 【Mme. Antoine Mari】
系統 ティー 育てやすさ 普通
花色 白に紫ピンクが乗る
花性 四季咲き 花形 8cm 剣弁高芯咲き
香り 中香
大きさ/樹形 樹高約100cm 横張り性でコンパクトなブッシュ
開花時期 普通 5月中旬頃より

品種の解説

紅色の蕾が特徴的!この蕾が開くと繊細で透明感のある淡いピンク色の花が咲いてきます。
蕾の色と花色のコントラストが絶妙ですよ!
この魅力的な色調は、春よりも秋のほうが色濃く味わい深く出るんです!
初冬まで咲き続けてくれるのも、うれしい限りですね。
香りはさわやかなティー系♪
良く分枝してくれる枝は細くて張りがありますが、しっとりとうつむき気味に咲きます。
そんな様子もとっても優雅な印象なんですよ♪
花色は季節や栽培環境で変わってくるようです。春よりも秋に色濃く、そして、風通しが良ければ半日陰のほうが美しい花色になるようですよ。
ベト病には強くないので、風通しの良い場所に置いてあげて下さいね!
作出者のアントワーヌ・マリが夫人に捧げたバラです。