レーヌデビオレット

品種名 レーヌデビオレット 【Reine des Violettes】
系統 ハイブリッドパーペチュアル 育てやすさ 普通
花色 赤みを帯びた紫~紫
花性 返り咲き 花形 7~9cm クォーターロゼット咲き
香り 強香
大きさ/樹形 伸長約1.7m 人の背丈ほどの大型シュラブ
開花時期 やや早咲き 5月上旬頃より

品種の解説

ハイブリッド・パーペチュアル種の中で最も強くて良い香りなんですよ♪
花色は赤紫で、花弁はなんと70枚から80枚ほど!
たくさんの花弁をぎっしり詰めて咲かせるクォーターロゼット咲はほんとに見事!
春に咲いた後で少しだけ秋にも咲いてくれるようです。
別名は「クイーン・オブ・ザ・ヴァイオレット」その名の通り、花色は、まさに紫!
でもとっても上品な雰囲気ですね♪ 直立性で樹高が170cmほどまで伸びるので、 トレリスなどで支えてあげたり誘引して咲かせれば、花の数も多くなりますよ!
枝が古くなると枯れたような見た目になりますが、そこから新芽をだすこともあるので、よ~く見極めて剪定して下さいね!