水やりの時間でバラをチェック!

まるです。

台風10号近づいてきているようで、風が強くなってきました。

これから雨も降り出すようで予報では明け方ごろが雨のピークのようです。

明日の午後には晴れてくるようですが、引き続き強風が吹き荒れるようで、晴れているのにハウスの窓が開けられないという、最悪なお天気となりそうです。

できる台風対策はしてきたので、あとは最小限の被害で済むように祈るのみです。

雨が続くと水やりの必要がなくなるので、ラッキーと思われる方も多いかもしれませんが(笑)、水やりの時間は貴重なバラチェックの時間でもあります。

雨降りが続いて、お庭に出ていなかったら、バラの葉っぱが病害虫でボロボロになっていた…なんてことはありませんか?

農場でも、毎日、1鉢1鉢水やりをしながら、バラの病害虫チェックをしています。

これからの時期はオオタバコガの幼虫も増えて来ますし、涼しくなってくるとベト病やうどんこ病も出てくるようになります。

一週間に一度のペースでピキャッシュしていますが、ピキャッシュは残効性がないので、ピキャッシュした次の日に幼虫が生まれれば、それから1週間ほどは野放しということに…早めに見つけて捕殺しなければ結構な被害が出てしまいます。

ピキャッシュは益虫には影響しないので、カマキリやクモがハウスの中にはたくさんいますし、アマガエルの数も年々増えてきて、バラを守ってくれています。

それでも、毎日のバラチェックは大事な仕事の一つです。

夏の暑い時期は水やりもおっくうになりがちかもしれませんが、バラと向き合う大事な時間だと思って、頑張ってくださいね(*^_^*)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ